| main | どんどん素の自分に >>
どうでもよくなった瞬間
I.Mさん
会社員・男性


幻想斬り…といわれても → 実はそんな実感はありません。
ただ 振り返ってみると…

・実に軽やかになってきている自分がいる
・将来とかの不安なんていつのまにか無くなっている
・やらなくちゃ…という焦燥感に支配されない
・議論を戦わせるという行為がなくなった
・簡単に感謝している自分がいる
・「今に対処しているだけ」の自分がいる
・思考に支配されてるな…と気づく事が出来るようになった
・自分の説明をしなくなった

等々のしいていえば変化がおきました。

幻想を斬られるとき最初は
「あっそうか!!」…と感動がありますが、その段階では思考がまだ勝っていますので行動にあまり変化は無く思考(幻想)に支配されている確立が高いです。

そして次に思考から逃れようと → 思考との戦いに巻き込まれます。 → この段階もまだまだです。なぜって?? → 思考は絶対に消えません。

それが斬られ続けていると、斬られたこと自体に抵抗が無くなってくる瞬間がおとずれます。

→ 斬られたことすらわからなくなる(^^)

どうでもよくなった瞬間です。こだわりもなくなっていきます。思考とうまくお付き合いできるようになっていきます。楽しめるようになります。

すみません…だんだんどうでもよくなっていきます。
なのにやることはすんなりやっている自分がいます。
素に戻っていくという体験かも…
そのまま(素のまま)ありのままの自分を大いに愛せるようになります。当然パートナーや他者への感謝や愛情も…自然に現れます。

ちょっと説明しすぎました。
とにかく継続して斬って斬って斬りまくりましょう!!

注)幻想斬り師の先生は、普通のおじさんです。間違っても拝まないように(笑)




| v-waka | 2009.05.20 Wednesday | 17:03 | - | - | ↑TOP
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ページトップへ